So-net無料ブログ作成
検索選択

近況・・・

1冊1エントリでは追いつかないので、月1程度で、分野をまとめて1エントリで書く方向に方向転換。
あまり更新してませんが、こちらの「本のしおり」blogもよろしく。
前の10件 | -

2015年9月『地球戦争(4)(5)』『ガール メイ キル(4)』『イエスタデイをうたって 11』他 [少年マンガ・青年マンガ]

9月に読んだ主に男性向けのコミックスです。


地球戦争 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

地球戦争 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)




地球戦争 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

地球戦争 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 作者: 小原 愼司
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/02/12
  • メディア: コミック


ヲハラシンジの連載完結。
いろいろ実験的な要素があったりして、どうなるかと思いましたが、それなりに纏まったかな。キャラがちゃんと動くと、いい感じになりますね。


ガール メイ キル(4) (アクションコミックス(月刊アクション))

ガール メイ キル(4) (アクションコミックス(月刊アクション))

  • 作者: 板倉 梓
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2015/09/10
  • メディア: コミック


こちらも完結。
かなりシビアな終わり方で、この作者だからそういう可能性は十分感じていたけど、やはりそうなるか、と思いました。やはり、過剰に夢を見せてはくれないのね(笑)。


イエスタデイをうたって 11 (ヤングジャンプコミックス)

イエスタデイをうたって 11 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 冬目 景
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: コミック


完結巻が続きますね。こちらも完結。
こちらは、まあ、予定調和の終わり方ですが、うーん、私の好みとしては、リクオと榀子なので、そこがちょっとねぇ。心変わり?のエクスキューズも、なんかとってつけたような感じがします。作品全体としてはなかなかいいんだけれど、決着のつけかたがいまひとつ。


魔法使いの嫁 通常版 4 (BLADE COMICS)

魔法使いの嫁 通常版 4 (BLADE COMICS)

  • 作者: ヤマザキコレ
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2015/09/10
  • メディア: コミック


ただもう、単純に好みです。依存だと自覚しつつ、エリアスに寄り添うチセ、人間をチセを介して理解しつつあるエリアス。ファンタジーの雰囲気とか、今回は過去話も出てきたし、いろいろいい感じです。


亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤンマガKCスペシャル)

亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: ペトス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/09/04
  • メディア: コミック


電子書籍で読んでいます。
まあ、コメディなんですが、亜人ちゃんたちがかわいい。
キャラクターというか性格もいろいろで、でも互いに仲良くて。
楽しめます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

2015年9月『蒼路の旅人』『天と地の守り人』『プリズムの瞳』 [SF・FT]

9月によんだ、SF・FT系の本です。

ここのところシリーズを順次読んでいた「守り人」シリーズ。ついに終盤を読みました。


蒼路の旅人 (新潮文庫)

蒼路の旅人 (新潮文庫)




天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)

  • 作者: 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫



天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)

  • 作者: 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫



天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)

  • 作者: 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫



チャグムの冒険を描く旅人シリーズ(サブシリーズ)が、バルサを軸に置く本編と合流し、ついにクライマックス、というところが『天と地の守り人』。彼らを覆う流れは、異界の巡る季節とも繋がっていた。大きな流れとなり、新ヨゴ皇国に向かう流れに、チャグムが、バルサが抗するすべはあるのか。
シリーズ全体、とても素敵なファンタジーシリーズ。ここで終わってしまうのは寂しいが、物語はいつか終わるのだから、ここで終わるのが綺麗なのだろう。
外伝的な話が、たまにでも読めると嬉しい。


プリズムの瞳 (創元SF文庫)

プリズムの瞳 (創元SF文庫)

  • 作者: 菅 浩江
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/08/29
  • メディア: 文庫



先端技術の結晶だったはずが、今は絵を描くだけの存在となった人型のロボット<ピイ・シリーズ>。彼らに出会う人々は、彼らに触れて何を感じるのか。
菅浩江の連作短編集。
しっとりとした雰囲気で、日本SFだなー、という感じでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2015年9月『マグダラで眠れ (7)』『CtG ─ゼロから育てる電脳少女─』他 [ライトノベル(少年・総合)]

9月に読んだライトノベルです。電子書籍が多かったかな。


マグダラで眠れ (7) (電撃文庫)

マグダラで眠れ (7) (電撃文庫)



「少女は書架の海で眠る」のフィルの後年が出てくるのですが…時間って酷い(笑)。
まあそれはともかく、本筋のストーリーもいいし、スピンオフとのリンクもあって、面白い。作者はケモ耳で名を馳せているかもしれませんが、異色のネタをライトノベルに持ち込む名手じゃないかと思います。


戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉2 (HJ文庫)

戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉2 (HJ文庫)

  • 作者: SOW
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2015/07/31
  • メディア: 文庫


電子書籍で読みました。1と2、続けて読んだつもりが、2だけ読んでなかったようで、9月に読了。
元戦士のパン屋と、元兵器のAIの看板娘が主人公。
主人公の、悩みながらもパン屋をやりたい、というところがぶれないのがいい。


CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (角川スニーカー文庫)

CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 玩具
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/09/30
  • メディア: 文庫



CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (2) (角川スニーカー文庫)

CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (2) (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 玩具堂
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/01/31
  • メディア: 文庫



CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (3) (角川スニーカー文庫)

CtG ─ゼロから育てる電脳少女─ (3) (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 玩具堂
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: 文庫


こちらも電子書籍で購読。
なかなか面白かったのですが、3巻で打ち切りのようで残念。
美遙と冬風の決着(?)が無いとか、そういうところ含めて、もやっとしているというか物足りない。続いて欲しかった。
パヤキノさんとか、作者のこだわり、お遊びが目に付いて、あと言葉の選択に癖があるので、引っかかる人は引っかかるかもしれない。目くじら立てても楽しめないので、そういうところはスルー推奨です。


中古でも恋がしたい! (GA文庫)

中古でも恋がしたい! (GA文庫)

  • 作者: 田尾 典丈
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2015/03/13
  • メディア: 文庫



中古でも恋がしたい! 2 (GA文庫)

中古でも恋がしたい! 2 (GA文庫)

  • 作者: 田尾 典丈
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: 文庫



中古でも恋がしたい! 3 (GA文庫)

中古でも恋がしたい! 3 (GA文庫)

  • 作者: 田尾 典丈
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2015/09/12
  • メディア: 文庫


これも電子書籍。以前からなんとなく気になっていたので、電子書籍サイトのポイント消費がてら、購読。
予想以上に楽しく読めて、あっという間に読んでしまいました。
あまり難しく考えず、ライトノベルらしい感触を楽しむ作品かと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2015年8月『海月と私(4)』『そこをなんとか』『恋と軍艦』『夢の雫、黄金の鳥籠 7』 [少女マンガ・レディース]

8月は、夏季休暇もあり、積読消化月間でした。


海月と私(4)<完> (アフタヌーンKC)

海月と私(4)<完> (アフタヌーンKC)



麻生みことのシリーズ完結。手堅くまとめた感じですが、それでいいのかって気にもなるエンディング。
なんにせよ、楽しく読めたシリーズでした。


そこをなんとか 8 (花とゆめCOMICSスペシャル)

そこをなんとか 8 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 作者: 麻生みこと
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2013/05/02
  • メディア: コミック



そこをなんとか 9 (花とゆめCOMICSスペシャル)

そこをなんとか 9 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 作者: 麻生みこと
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2014/07/18
  • メディア: コミック



そこをなんとか 10 (花とゆめCOMICSスペシャル)

そこをなんとか 10 (花とゆめCOMICSスペシャル)

  • 作者: 麻生みこと
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2015/03/05
  • メディア: コミック


麻生みことつながりで、というわけでもないのですが、途中から積読になっていた本作を、纏めて読みました。
1話1話、テーマを持った話の連作形式なので、らっこちゃんの周りの人間関係やらストーリーは、そうそう大きく動かないのですが、そもそも人間、そんなにすぐに成長したり変化したりするものでもなく。
でも、じんわりと物語が動いていっているのかなあ。


恋と軍艦(2) (講談社コミックスなかよし)

恋と軍艦(2) (講談社コミックスなかよし)

  • 作者: 西 炯子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/03/06
  • メディア: コミック



恋と軍艦(8)<完> (講談社コミックスなかよし)

恋と軍艦(8)<完> (講談社コミックスなかよし)

  • 作者: 西 炯子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/08/12
  • メディア: コミック


こちらも積読をまとめ読み。掲載誌の関係で、主人公の女の子の年齢が低く、そのあたりちょっと厳しいものがあったけど、軍艦の町の恋物語、楽しめました。変にダウナーな感じにはまらなかったのはよかったかも。


夢の雫、黄金の鳥籠 7 (フラワーコミックスアルファ)

夢の雫、黄金の鳥籠 7 (フラワーコミックスアルファ)

  • 作者: 篠原 千絵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/08/10
  • メディア: コミック


キャリアの長いマンガ家さんを追いかけていると、作風やターゲット層が変わったりして、追いかける熱意を持ち続けるのが難しくなることがあります。少女マンガ→ハイティーン向け→レディース→ハーレクイン、とかね。けど篠原千絵は、多少変わった所もあるものの、比較的安定してて、長くファンをやっているマンガ家さんです。『闇のパープルアイ』から読んでるだよね。
今作も、近年の作品と同じ中近東の歴史を舞台にしていて、でも、今回は現代人が介入するとかではなく、純粋に歴史サスペンスといったところ。作者が好きな対象を描いているだけに、安心して読める秀作。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

2015年8月『六花の勇者 (5)(6)』『僕は友達が少ない (11)』 [ライトノベル(少年・総合)]

8月はライトノベルはあんまり読んでなかったんだなあ。


六花の勇者 5 (ダッシュエックス文庫)

六花の勇者 5 (ダッシュエックス文庫)




六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)

六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)

  • 作者: 山形 石雄
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/07/24
  • メディア: 文庫



TVアニメを観ていますが、なかなかいい感じ。原作を、途中から読んでいなかったので、積読の山を発掘して、続きを読みました。どんでん返しの連続など、「戦う司書」と変わらぬ緊迫した展開で、作者の持ち味が出ていると思います。続きも楽しみだが、軽く読み流せないので、集中できるときに読まないとね。


僕は友達が少ない (11) (MF文庫J)

僕は友達が少ない (11) (MF文庫J)

  • 作者: 平坂読
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2015/08/26
  • メディア: 文庫



シリーズ完結。
1冊丸ごとエピローグで、淡々とエピソードが並んでいる。一応、幸村が頑張っているけど、それも空振り。
そもそも、理科のエピソードで盛り上げた後の展開がなあ、と思うと、全般に物足りない。
残念系といえば確かに、途中まではいろいろありながらも楽しめたので、終わり方が残念。
幸村がいい味出しているので、そこはよかった。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2015年7月『赤髪の白雪姫 14』『悪夢の棲む家 ゴーストハント(1)(2)』他 [少女マンガ・レディース]


赤髪の白雪姫 14 (花とゆめCOMICS)

赤髪の白雪姫 14 (花とゆめCOMICS)



アニメ化してばく進中。
リリアスに赴任して、仕事を始めた白雪だが。ゼンと地理的に離れて、どうエピソードを重ねるかが難しいところですね。薬剤師らしい活躍は増えるかな。


和菓子のアン 2 (花とゆめCOMICS)

和菓子のアン 2 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 猪狩そよ子
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: コミック


お久しぶりの2巻。原作の雰囲気を生かした、いいコミック化。


鎌倉逢魔が刻 (フラワーコミックスアルファ)

鎌倉逢魔が刻 (フラワーコミックスアルファ)

  • 作者: 大野 潤子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/07/10
  • メディア: コミック



鎌倉けしや闇絵巻 1 (フラワーコミックスアルファ)

鎌倉けしや闇絵巻 1 (フラワーコミックスアルファ)

  • 作者: 赤石 路代
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: コミック


鎌倉もの2連発。
鎌倉ブームなんですかね。
赤石路代は、連載だが、一応、1話完結形式。大野潤子は連作形式。


パラダイス パイレーツ 5 (花とゆめCOMICS)

パラダイス パイレーツ 5 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 山口美由紀
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2015/05/01
  • メディア: コミック


完結。やっと読みました。うん、山口美由紀らしいですね。
次回作も楽しみ。


悪夢の棲む家 ゴーストハント(1) (KCx)

悪夢の棲む家 ゴーストハント(1) (KCx)

  • 作者: いなだ 詩穂
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/06/07
  • メディア: コミック



悪夢の棲む家 ゴーストハント(2) (KCx)

悪夢の棲む家 ゴーストハント(2) (KCx)

  • 作者: いなだ 詩穂
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/04/07
  • メディア: コミック


こちらも、しばらく積読だったものをようやく読みました。
いなだ詩穂版(笑)に慣れてしまって、原作と比べてどうこうという感じは。。。 原作は、ティーンズハートからホワイトハートに移ったからか、ホラー色が強かった印象があるのですが、こちらはそれほどでも。
原作は、作者が続きを書く気がないみたいなので、コミック版もこの作品で完結ですが、3巻まだー? 完結は4巻?

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『The Ancient Magus' Bride 1』 [少女マンガ・レディース]




本屋で見かけ、買ってしまいました。英語版。
物語が、イギリス舞台なので(アイスランドへ行ったりもしますが)、英語がまた雰囲気が合う。
amazonをみると、4巻まですでに刊行予定があるようなので、出たら続きを買おう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

2015年7月『生徒会探偵キリカ(7)』『はたらく細胞(1)』他 [少年マンガ・青年マンガ]




原作の雰囲気がよく出ている。紙質がよすぎてちょっと違和感(笑)。


はたらく細胞(1) (シリウスKC)

はたらく細胞(1) (シリウスKC)

  • 作者: 清水 茜
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/07/09
  • メディア: コミック


言ってみれば、細胞の擬人化マンガですが、それぞれ性格が出ていて、面白い。
そのうちネタが尽きないかと思うけど、まだ頑張ってる。


バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

  • 作者: 施川 ユウキ
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: コミック


電子書籍で読みました。
通ぶりたい女子高生(自称:バーナード嬢)と、彼女を囲む本好きの生徒たちの、本にまつわるあれこれ、というところ。本の紹介マンガではなく、本やそれに絡むあれこれをネタにしているので、出てくる本がどんな本か知っている方が楽しめる。一応、注はついているけど。
マニアック方面の定番、SFやミステリ系のネタが多い気がするけど、それだけじゃなくて、文芸系も古典もカバーしていて、幅が広い。
なんとなくしっていても読まないままになっている本を読みたくなる。
マンガとしてもう少し洗練されればいいんだけど。



極黒のブリュンヒルデ 14 (ヤングジャンプコミックス)

極黒のブリュンヒルデ 14 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 岡本 倫
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: コミック


引っ張る、引っ張る(笑)。
もっと早く完結するかと思っていたけれど、長期の連載になってますね。
面白いし、いいけど。
時折入る、ギャグっぽいネタが、意外とこの作品のテイストになってるかな。



高杉さん家のおべんとう 10 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

高杉さん家のおべんとう 10 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

  • 作者: 柳原 望
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2015/07/23
  • メディア: コミック


完結。
やっぱり、結末はこうしちゃうかー。
まあ、わかるけど、私は小坂さん派だし、違う結末もありだったんじゃないかなー、と思わないでもない。
単なるレシピまんがではなく、食材やレシピの背景とかを折々、うまく絡めて、いい作品だった。けど、主人公がなぁ(笑)。


すみっこの空さん(5) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)

すみっこの空さん(5) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)

  • 作者: たなかのか
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2014/01/10
  • メディア: コミック



すみっこの空さん 6 (BLADE COMICS)

すみっこの空さん 6 (BLADE COMICS)

  • 作者: たなかのか
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2014/08/09
  • メディア: コミック



すみっこの空さん 7 (BLADE COMICS)

すみっこの空さん 7 (BLADE COMICS)

  • 作者: たなかのか
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2015/05/09
  • メディア: コミック


しばらく積読していたものをまとめ読み。
何がというより、雰囲気と全体を流れる筋、みたいなのがいい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

2015年7月『冴えない彼女の育てかた (8)』『異世界食堂 2』他 [ライトノベル(少年・総合)]

1冊ずつの読書blogは続かなくなったので、月単位ぐらいでのまとめ書きでやってみることにします。

2015年7月に読了したライトノベル。

冴えない彼女の育てかた (8) (富士見ファンタジア文庫)

冴えない彼女の育てかた (8) (富士見ファンタジア文庫)



第2部?、スタート。
ステルスのはずの加藤の存在感が半端ない(笑)。
7巻までと雰囲気が変わるのか、サブヒロインが変わるだけなのか、その辺も含めて、続きが楽しみ。


異世界食堂 2 (ヒーロー文庫)

異世界食堂 2 (ヒーロー文庫)

  • 作者: 犬塚 惇平
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2015/07/29
  • メディア: 文庫


1巻最後の方で、異世界食堂に雇われた魔族のアレッタがいい味出してます。
連作短編形式で、忘れた頃に以前の登場人物が活躍したりするのも面白い。



俺の教室にハルヒはいない (3) (角川スニーカー文庫)

俺の教室にハルヒはいない (3) (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 新井 輝
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/07/31
  • メディア: 文庫



俺の教室にハルヒはいない (4) (角川スニーカー文庫)

俺の教室にハルヒはいない (4) (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 新井 輝
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/02/28
  • メディア: 文庫


完結。
ハルヒへのオマージュっぽさは出しつつも、ちょっと不完全燃焼かなー。

この作者は、『ROOM NO.1301』が好きだったんですが、ああいうのはもう書かないのかなー?


妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫)

妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫)

  • 作者: 平坂 読
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: 文庫


これを読んで、エーデルワイス スノーフレッシュ ヴァイスビアを買いました。

他、『犬と魔法のファンタジー』『その白さえ嘘だとしても』などを読了。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『おとめとメテオ 1』 [少女マンガ・レディース]


おとめとメテオ 1 (花とゆめCOMICS)

おとめとメテオ 1 (花とゆめCOMICS)



田中メカの新連載。
不幸体質の女子高生の前に現れたのは、彼女を妃と定めた"宇宙人”の男子!
という、またブッ飛んだ設定ですが、それでも基本は少女マンガなんですよねー。新しい題材を使いつつ、少女マンガの基本を押さえてくるというか、そのあたり、田中メカのよさが出てます。

★★★★

にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。