So-net無料ブログ作成

『おまけのこ』 [本(その他)]

おまけのこ (新潮文庫 は 37-4)

『おまけのこ』 (新潮文庫 は 37-4)

  • 作者: 畠中 恵
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 文庫


「しゃばけ」シリーズ第4弾。
『こわい』『畳紙』『動く影』『ありんすこく』『おまけのこ』の5編を収録する短編集。
相変わらず病弱な一太郎を中心に、あやかしや友人の栄吉が巻き起こし、あるいは巻込まれる事件を描く。今回は昔話も出てきて、ちょっとバラエティが増えた感じか。
「あやかし」「妖怪」モノはいろいろあるけど、このシリーズのあやかしは独自の論理を持つものと書かれてはいても親しみやすく、人に優しい。というか、一太郎にだけ特別に甘々。

5編の中では、吉原の禿(かむろ)を足抜けさせるという「ありんすこく」が印象深いかな。シリーズ全体もそうだけれど、タイトルがひらがなになっているのは、当てる字が複数あったり、ぱっと見、意味がとれなかったりで、意外と奥深いタイトルになっているように感じる。

そういえば、TVドラマにもなりましたね。観ましたが、まあ、そこそこよくできていたかなあ。

★★★★

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。