So-net無料ブログ作成
検索選択
SF・FT ブログトップ

2015年9月『蒼路の旅人』『天と地の守り人』『プリズムの瞳』 [SF・FT]

9月によんだ、SF・FT系の本です。

ここのところシリーズを順次読んでいた「守り人」シリーズ。ついに終盤を読みました。


蒼路の旅人 (新潮文庫)

蒼路の旅人 (新潮文庫)




天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)

  • 作者: 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫



天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)

  • 作者: 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫



天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)

  • 作者: 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫



チャグムの冒険を描く旅人シリーズ(サブシリーズ)が、バルサを軸に置く本編と合流し、ついにクライマックス、というところが『天と地の守り人』。彼らを覆う流れは、異界の巡る季節とも繋がっていた。大きな流れとなり、新ヨゴ皇国に向かう流れに、チャグムが、バルサが抗するすべはあるのか。
シリーズ全体、とても素敵なファンタジーシリーズ。ここで終わってしまうのは寂しいが、物語はいつか終わるのだから、ここで終わるのが綺麗なのだろう。
外伝的な話が、たまにでも読めると嬉しい。


プリズムの瞳 (創元SF文庫)

プリズムの瞳 (創元SF文庫)

  • 作者: 菅 浩江
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/08/29
  • メディア: 文庫



先端技術の結晶だったはずが、今は絵を描くだけの存在となった人型のロボット<ピイ・シリーズ>。彼らに出会う人々は、彼らに触れて何を感じるのか。
菅浩江の連作短編集。
しっとりとした雰囲気で、日本SFだなー、という感じでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『煙突の上にハイヒール』 [SF・FT]


煙突の上にハイヒール (光文社文庫)

煙突の上にハイヒール (光文社文庫)



小川一水の、人とテクノロジーのかかわりを軸に描く短編集。
「煙突の上にハイヒール」「カムキャット・アドベンチャー」「イブのオープンカフェ」「おれたちのピュグマリオン」「白鳥熱の朝に」を収録。
巻末の解説で坂木司でも書いているとおり、秘密を持った人の物語でもあり、テクノロジーという軸を持ちながら、秘密という主題も盛り込むことにより、温かみを持ったストーリーになっています。こういうところが、小川一水のうまいところですね。

★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

【関連記事】
『老ヴォールの惑星』
『疾走!千マイル急行』
『こちら、郵政省特別配達課!』
『ファイナルシーカー レスキューウイングス』
『天涯の砦』
『時砂の王』
『フリーランチの時代』
『不全世界の創造手(アーキテクト)』

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『アレクシア女史、欧羅巴(ヨーロッパ)で騎士団と遭う』 [SF・FT]




シリーズ第3弾。
マコン卿からあらぬ疑いを持たれるは、吸血鬼群に命を狙われるはと、散々なアレクシア女史。
イギリスから逃れてヨーロッパに渡ります。
いやあ、派手な展開ですねえ。
ライトノベルとハーレクインのテイストが入ったファンタジーというノリは相変わらず。楽しく読めます。

さて、4作目も手元にあるし、読まなきゃ。

★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂(うれ)う (英国パラソル奇譚)

アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂(うれ)う (英国パラソル奇譚)

  • 作者: ゲイル・キャリガー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/04/09
  • メディア: 文庫



【関連記事】
『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う』
『アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う』
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う』 [SF・FT]


アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う (英国パラソル奇譚)

アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う (英国パラソル奇譚)



シリーズ第2弾。
コナル・マコン卿の妻となったアレクシア女史。
人狼や吸血鬼が死すべき人間に戻り、幽霊が消滅する現象が発生。原因は一体? コナルはスコットランドに向かい、アレクシア女史もまた、飛行船でスコットランドに向かう。

てな感じで、アレクシア女史は、結婚しても相変わらずの活躍です。
ハーレクイン的なテイストも相変わらず。現代的なファンタジーです。

さて、第3弾も読むスタンバイしないと・・・

★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

アレクシア女史、欧羅巴(ヨーロッパ)で騎士団と遭う (英国パラソル奇譚)

アレクシア女史、欧羅巴(ヨーロッパ)で騎士団と遭う (英国パラソル奇譚)

  • 作者: ゲイル・キャリガー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/12/07
  • メディア: 文庫



【関連記事】
『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う』

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『リリエンタールの末裔』 [SF・FT]


リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫JA)

リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫JA)



ちらりと見た感じ、大原まり子に似ているのかな、と思い、手に取りました。
収録作は表題作「リリエンタールの末裔」のほか、「マグネフィオ」「ナイト・ブルーの記録」「幻のクロノメーター」の計4作。それぞれに独立した短編。他の長編と世界を共有する作品も含んでいるとのことだが、私は未読。

雰囲気は、当初の感じ通り、初期の大原まり子に似たところもあるが、それに加えて、梶尾真治のようなテイストもあるように思った。「幻のクロノメーター」は、特にそんな匂いがする。
SF以外も書いているようなので、それについてはみてみないと、というところだが、SFについては他の作品も読んでみたい作家。

★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う』 [SF・FT]


アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)

アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)



ハヤカワFTは久しぶりに読みました。最近、ラノベ中心で・・・

で、読んで思ったんですが、訳文のためかもしれませんが、ライトノベルとハーレクインのテイストが入ったファンタジーですね。

19世紀のイギリスを舞台に、人類と人外が共存する世界を描いています。
主人公は、変わり者のオールドミス、アレクシア・タラボッティ嬢。彼女には<魂なき者(ソウルレス)>という特殊な能力というか性質があり人外から要注意人物扱いされているが、あるパーティの会場邸の図書室で吸血鬼に襲われ、返り討ちにしてしまう。
異界管理局の取調べを受ける彼女だが、事態は意外な展開を見せ・・・

ある意味、非常に「現代的」なファンタジーかもしれません。
続編、その次も邦訳が出ていますので、順次読みたいと思っています。(積読・・・)

★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う (英国パラソル奇譚)

アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う (英国パラソル奇譚)

  • 作者: ゲイル・キャリガー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/06/30
  • メディア: 文庫



アレクシア女史、欧羅巴(ヨーロッパ)で騎士団と遭う (英国パラソル奇譚)

アレクシア女史、欧羅巴(ヨーロッパ)で騎士団と遭う (英国パラソル奇譚)

  • 作者: ゲイル・キャリガー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/12/07
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『異星人の郷 上・下』 [SF・FT]


異星人の郷 上 (創元SF文庫)

『異星人の郷 上』 (創元SF文庫)




異星人の郷 下 (創元SF文庫)

『異星人の郷 下』 (創元SF文庫)

  • 作者: マイクル・フリン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2010/10/28
  • メディア: 文庫


友人の勧めで読んだSF。発売時から気にはなっていたが、友人の勧めに背中を押された。
中世の中央ヨーロッパに不時着した異星人の船。異星人という概念さえない地球人と、地球人の思考が理解できず、形而上の思考と実在の文物の話の区別を誤解する異星人。単に文化のギャップを描くだけでなく、中世の人々の思考様式を描くことにより、現代人と中世の人のギャップをも描き出している。
そして、コミュニケーションギャップによりわずかな望みをつなぎつつも病に倒れ、帰郷の望みも薄れていく異星人。最後にはわずかな可能性にかけることになる。

話のつなぎに未来の科学者のエピソードが出てくるが、これは私にはどうにも余計な気がした。
入れるなら、もう少しうまく入れて欲しかったなあ。

★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選』 [SF・FT]




いやあ、なんかまっとうなSFを久しぶりに読んだ気がするなあ。
という個人的なつぶやきはおいといて。

SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー、ということだそうです。
時間SF短編から選りすぐりの13編を集めた1冊です。
テッド・チャン、クリストファー・プリースト、イアン・ワトスン、ボブ・ショウ、エフィンジャー、シルヴァーバーグ、スタージョン、ソムトウ・スチャリトクル。名前を聞くだけでも期待膨らむ短編がずらり。表題作「ここがウィネトカならきみはジュディ」や「しばし天の祝福より遠ざかり・・・・・・」「去りにし日々の光」「商人と錬金術師の門」といったタイトルもなかなか。中には「昨日は月曜日だった」(シオドア・スタージョン)のような人をくった作品もあって、楽しめます。

★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『スワロウテイル人工少女販売処』 [SF・FT]


スワロウテイル人工少女販売処 (ハヤカワ文庫JA)

『スワロウテイル人工少女販売処』 (ハヤカワ文庫JA)



なんか久々にハヤカワ文庫を読んだ気がする。
男女が別々に暮らさざるを得ない「自治区」、そこで人々は人工妖精とともに暮らしている。
人工妖精の一体、揚羽の、死んだ人工妖精の心を読む力を使い、連続殺人犯「アンブレラ」を追う男。
被害者の奇妙な共通点、そして、何度も死にながら、連続殺人を犯す犯人。事件の真相は。

自分の性にあった、今風のSFに久しぶりにであった感じがします。昔、大原まり子を読んだときのような感触。たとえば、『一人で歩いていった猫』のような。

気に入ったので、同じ作者の作品を探してみたら、電撃文庫でした。今はそうなのね。

★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

一人で歩いていった猫 (ハヤカワ文庫 JA 149)

一人で歩いていった猫 (ハヤカワ文庫 JA 149)

  • 作者: 大原 まり子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1982/01
  • メディア: 文庫



θ(シータ)―11番ホームの妖精 (電撃文庫)

θ(シータ)―11番ホームの妖精 (電撃文庫)

  • 作者: 籘真 千歳
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
SF・FT ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。