So-net無料ブログ作成
検索選択
少年マンガ・青年マンガ ブログトップ
前の10件 | -

2015年9月『地球戦争(4)(5)』『ガール メイ キル(4)』『イエスタデイをうたって 11』他 [少年マンガ・青年マンガ]

9月に読んだ主に男性向けのコミックスです。


地球戦争 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

地球戦争 4 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)




地球戦争 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

地球戦争 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 作者: 小原 愼司
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/02/12
  • メディア: コミック


ヲハラシンジの連載完結。
いろいろ実験的な要素があったりして、どうなるかと思いましたが、それなりに纏まったかな。キャラがちゃんと動くと、いい感じになりますね。


ガール メイ キル(4) (アクションコミックス(月刊アクション))

ガール メイ キル(4) (アクションコミックス(月刊アクション))

  • 作者: 板倉 梓
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2015/09/10
  • メディア: コミック


こちらも完結。
かなりシビアな終わり方で、この作者だからそういう可能性は十分感じていたけど、やはりそうなるか、と思いました。やはり、過剰に夢を見せてはくれないのね(笑)。


イエスタデイをうたって 11 (ヤングジャンプコミックス)

イエスタデイをうたって 11 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 冬目 景
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: コミック


完結巻が続きますね。こちらも完結。
こちらは、まあ、予定調和の終わり方ですが、うーん、私の好みとしては、リクオと榀子なので、そこがちょっとねぇ。心変わり?のエクスキューズも、なんかとってつけたような感じがします。作品全体としてはなかなかいいんだけれど、決着のつけかたがいまひとつ。


魔法使いの嫁 通常版 4 (BLADE COMICS)

魔法使いの嫁 通常版 4 (BLADE COMICS)

  • 作者: ヤマザキコレ
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2015/09/10
  • メディア: コミック


ただもう、単純に好みです。依存だと自覚しつつ、エリアスに寄り添うチセ、人間をチセを介して理解しつつあるエリアス。ファンタジーの雰囲気とか、今回は過去話も出てきたし、いろいろいい感じです。


亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤンマガKCスペシャル)

亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: ペトス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/09/04
  • メディア: コミック


電子書籍で読んでいます。
まあ、コメディなんですが、亜人ちゃんたちがかわいい。
キャラクターというか性格もいろいろで、でも互いに仲良くて。
楽しめます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

2015年7月『生徒会探偵キリカ(7)』『はたらく細胞(1)』他 [少年マンガ・青年マンガ]




原作の雰囲気がよく出ている。紙質がよすぎてちょっと違和感(笑)。


はたらく細胞(1) (シリウスKC)

はたらく細胞(1) (シリウスKC)

  • 作者: 清水 茜
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/07/09
  • メディア: コミック


言ってみれば、細胞の擬人化マンガですが、それぞれ性格が出ていて、面白い。
そのうちネタが尽きないかと思うけど、まだ頑張ってる。


バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)

  • 作者: 施川 ユウキ
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: コミック


電子書籍で読みました。
通ぶりたい女子高生(自称:バーナード嬢)と、彼女を囲む本好きの生徒たちの、本にまつわるあれこれ、というところ。本の紹介マンガではなく、本やそれに絡むあれこれをネタにしているので、出てくる本がどんな本か知っている方が楽しめる。一応、注はついているけど。
マニアック方面の定番、SFやミステリ系のネタが多い気がするけど、それだけじゃなくて、文芸系も古典もカバーしていて、幅が広い。
なんとなくしっていても読まないままになっている本を読みたくなる。
マンガとしてもう少し洗練されればいいんだけど。



極黒のブリュンヒルデ 14 (ヤングジャンプコミックス)

極黒のブリュンヒルデ 14 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 岡本 倫
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: コミック


引っ張る、引っ張る(笑)。
もっと早く完結するかと思っていたけれど、長期の連載になってますね。
面白いし、いいけど。
時折入る、ギャグっぽいネタが、意外とこの作品のテイストになってるかな。



高杉さん家のおべんとう 10 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

高杉さん家のおべんとう 10 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

  • 作者: 柳原 望
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2015/07/23
  • メディア: コミック


完結。
やっぱり、結末はこうしちゃうかー。
まあ、わかるけど、私は小坂さん派だし、違う結末もありだったんじゃないかなー、と思わないでもない。
単なるレシピまんがではなく、食材やレシピの背景とかを折々、うまく絡めて、いい作品だった。けど、主人公がなぁ(笑)。


すみっこの空さん(5) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)

すみっこの空さん(5) (ブレイドコミックス) (BLADE COMICS)

  • 作者: たなかのか
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2014/01/10
  • メディア: コミック



すみっこの空さん 6 (BLADE COMICS)

すみっこの空さん 6 (BLADE COMICS)

  • 作者: たなかのか
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2014/08/09
  • メディア: コミック



すみっこの空さん 7 (BLADE COMICS)

すみっこの空さん 7 (BLADE COMICS)

  • 作者: たなかのか
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2015/05/09
  • メディア: コミック


しばらく積読していたものをまとめ読み。
何がというより、雰囲気と全体を流れる筋、みたいなのがいい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『ゴールデンタイム 1』~『ゴールデンタイム (4)』 [少年マンガ・青年マンガ]


ゴールデンタイム 1 (電撃コミックス)

ゴールデンタイム 1 (電撃コミックス)




ゴールデンタイム 2 (電撃コミックス)

ゴールデンタイム 2 (電撃コミックス)

  • 作者: 竹宮 ゆゆこ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2012/09/27
  • メディア: コミック



ゴールデンタイム 3 (電撃コミックス)

ゴールデンタイム 3 (電撃コミックス)

  • 作者: 竹宮 ゆゆこ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/03/27
  • メディア: コミック



ゴールデンタイム (4) (電撃コミックス)

ゴールデンタイム (4) (電撃コミックス)

  • 作者: 梅ちゃづけ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/07/27
  • メディア: コミック


TVアニメにもなっているライトノベルのコミック化。
絵柄は原作の雰囲気をよく出しつつも、コミックなりのテイストもあり、いい感じかな。
ストーリーは、原作をきちんとなぞりつつも、原作の、特に最初のあたりのわかりにくさをちゃんと解消していると思う。
そういう意味でいいけれど、竹宮ゆゆこの厄介さ、面倒くささはさすがに再現できないか。絵では出せない厄介さもあるしそこまで求めるのは無理だろうね。

原作あり気ではあるけれど、コミック化としてはいいんじゃなかろうか。

★★★★

にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)

ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)

  • 作者: 竹宮 ゆゆこ
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2010/09/10
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『超昂閃忍ハルカ (1)』 [少年マンガ・青年マンガ]


超昂閃忍ハルカ (1) (電撃コミックス)

超昂閃忍ハルカ (1) (電撃コミックス)



多分、R18のゲームが原作なんだと思いますが、原作はよく知りません。ぽんこつわーくすが描いているということで手に取りました。
絵柄にしろ雰囲気にしろ、ぽんこつわーくすらしい感じがでていて、手にとって正解でした。
まあ、できればオリジナルの方がいいですけどねー。こういうのもありでしょう。

★★★★

にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『クズの本懐(1)』~『クズの本懐 (2)』 [少年マンガ・青年マンガ]


クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)




クズの本懐 (2) (ビッグガンガンコミックス)

クズの本懐 (2) (ビッグガンガンコミックス)

  • 作者: 横槍 メンゴ
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2013/10/25
  • メディア: コミック


人目を惹くカップルとして見られる花火と麦。しかし、彼らはそれぞれ人に言えない別の人を想う、偽装カップルだった。二人は互いをそれぞれの想い人になぞらえて恋人のふりをして過ごしていたが・・・

1巻と同時期に出た『君は淫らな僕の女王』もそうだけど、歪んだ純愛、みたいな感情や関係を興味深い描き方している。注目されるのもわかる。

★★★★

にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 横槍 メンゴ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/02/19
  • メディア: コミック



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『BLOOD ALONE(7)』~『BLOOD ALONE(9)』 [少年マンガ・青年マンガ]





BLOOD ALONE(8)

BLOOD ALONE(8)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/06/22
  • メディア: Kindle版



BLOOD ALONE(9)

BLOOD ALONE(9)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/04/23
  • メディア: Kindle版


吸血鬼となった少女と、吸血鬼を狩る狩猟者でありながら彼女を保護する青年。
そんな二人を軸に物語が進みますが、いろんなエピソードをつなぎ合わせる感じで話が進むため、若干、展開がまどろっこしかったり判りづらかったりするかな。
Kindle版で読んでるので、気軽に読み返せるのがいいけど、それにしても、そのあたり、同人っぽいというか・・・
雰囲気とかは世界観がきっちりとしている感じもあっていいです。

★★★

にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『源君物語 4』 [少年マンガ・青年マンガ]




女性を口説きまくるという、源氏物語をモチーフにした作品。
この4巻では、地味でおとなしくてスタイルがよく尽くすタイプ、というまあ、ある意味、妄想爆発なヒロインエピソードが展開。まあ、こういう欲望全開なのもそれはそれでいいよね。

★★★★

にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『ヴァーチャル・レッド 2』『ヴァーチャル・レッド 3』 [少年マンガ・青年マンガ]


ヴァーチャル・レッド 2

ヴァーチャル・レッド 2




ヴァーチャル・レッド 3

ヴァーチャル・レッド 3

  • 作者: シギサワ カヤ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2013/09/30
  • メディア: コミック


んー、なんて言っていいのか。内容ストーリーを文章で紹介するのに向いていない気もするし、1巻と最後のほうでだいぶ違ってきている気もする。

1巻の時も書いたけど、カバー絵とかそのあたりで想像してください、なのかなあ。
3巻で完結ですが、結局、どうだったの、という消化不良感もあったり。
雰囲気は、決着している感じですけど。

★★★

にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『ジゼル・アラン 4』 [少年マンガ・青年マンガ]


ジゼル・アラン 4 (ビームコミックス)

ジゼル・アラン 4 (ビームコミックス)



何でも屋、ジゼルのストーリー、4冊目。
元気な何でも屋・ジゼルの物語として展開するのかと思ったら、なんかエリックが悲惨な感じになって、エリックのことを気にするジゼルと・・・ って、ラブストーリーになるの? んー、ちょっと違和感。
エリックが今後どうなるかだなぁ。

★★★

にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『脳カレ 2』『脳カレ 3』 [少年マンガ・青年マンガ]





脳カレ 3 (ヤングジャンプコミックス)

脳カレ 3 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 陽気婢
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/10/10
  • メディア: コミック


陽気婢のチョイエロSFチックコミック、3巻で完結。
脳内に寄生し、脳内イメージとして現れるカレ、という奇抜なアイディア。が、そのまま主人公の脳内に留まらずに、事件を経て、・・・と、展開も面白い。

ただ、最後のほう、偽カレとか、ちょっとわかりにくさが出てきて、そこが惜しい。

★★★

にほんブログ村 漫画ブログへにほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - 少年マンガ・青年マンガ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。