So-net無料ブログ作成
本(その他) ブログトップ
前の10件 | -

『丕緒の鳥』『図南の翼』 [本(その他)]


丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)

丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/06/26
  • メディア: 文庫



図南の翼 十二国記 (新潮文庫 お 37-59 十二国記)

図南の翼 十二国記 (新潮文庫 お 37-59 十二国記)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/09/28
  • メディア: 文庫


十二国記の、待ちに待ったオリジナル短編集、そして、シリーズの中でも私が特に好きな(といっても、どの話も好きで、甲乙つけがたいですが)『図南の翼』。

短編集は、シリーズの本筋が王と麒麟を中心に追うのに対し、その国の中で生きる民を描く。こういう、民の物語と被さって、王と麒麟の物語はあるのだ、という作者の吐露なのであろうか。

『図南の翼』は、他の話の中でも出てくる珠晶が、登極する物語。豪商の家に生まれ、不自由なく暮らしていた少女が、すべてを投げ打って、昇山する。その過程を描きつつ、何が彼女を突き動かしたのかを少しずつ説いていく。そして、内心、そんなことはないと思っていた少女が王に選ばれると知ってとった行動とは・・・

それはそうと、『東の海神 西の滄海』のエントリが漏れてる・・・? 最近、blogが飛び飛びになってるからなぁ・・・

★★★★★


東の海神 西の滄海  十二国記 (新潮文庫)

東の海神 西の滄海 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/12/24
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『食堂つばめ』 [本(その他)]


食堂つばめ (ハルキ文庫 や 10-1)

食堂つばめ (ハルキ文庫 や 10-1)

  • 作者: 矢崎 存美
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2013/05/15
  • メディア: 文庫


ぶたぶたシリーズで人気の矢崎存美の新作。
主人公がある日迷い込んだ食堂車。そこで食べた玉子サンドが忘れられず、生と死の境にある奇妙な街に迷い込んでしまう。そこで、食堂車でも会った謎の女性、ノエに、主人公は食堂を始める提案をする。不思議な街の食堂つばめ。そこを訪れる客は・・・

ぶたぶたのイメージが強すぎる作者ですが、他の作品もなかなかいいと思います。これもそう。
しかも、シリーズ化するみたい。続きが楽しみです。

★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ぶたぶたカフェ (光文社文庫)

ぶたぶたカフェ (光文社文庫)

  • 作者: 矢崎 存美
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/07/12
  • メディア: 文庫



キッチンぶたぶた (光文社文庫)

キッチンぶたぶた (光文社文庫)

  • 作者: 矢崎 存美
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2010/12/09
  • メディア: 文庫



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『真夜中のパン屋さん』 [本(その他)]


真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)

真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)

  • 作者: 大沼 紀子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2011/06/03
  • メディア: 文庫


ドラマ化もされて、注目の作品のようなので、手にとりました。
都会の真ん中、夜中だけ営業するパン屋に居候することになった希実。パン屋を手伝いをしていると開店前の店に、少年がやってきて堂々と万引きをして出て行く。慌てて追いかける希実だったが・・・

と、パン屋とそこを巡る事件のお話。
そもそもの希実自身の問題というか事件というか、それ自身は物語の背景として解決しないまま終わってしまうが、これはシリーズ化する前提でそういう伏線なんだろうか。でもまあ、パン屋と希実を結びつけた縁は解き明かされて、そこは綺麗に纏められている。

続きも読みたいけれど、積読もいっぱいあるしなぁ。

★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『幻想郵便局』 [本(その他)]


幻想郵便局 (講談社文庫)

幻想郵便局 (講談社文庫)

  • 作者: 堀川 アサコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/01/16
  • メディア: 文庫


なんか、本屋でディスプレイされていて気になったので手に取った本。
自分の進路に悩む主人公。特技に「探し物」と書いて採用されたのは、山の上にある郵便局だった。

郵便局と言ってもただの郵便局ではなく、不思議な郵便局なのですが、まあ、そのあたりの詳しいところは読んでのお楽しみでしょうか。

やさしいタッチのファンタジーです。

★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣』 [本(その他)]


整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣

  • 作者: 小山 龍介
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本


タイトル通り、整理に関するHACKを集めた本。
身の回りや机の上、情報の整理などなど、いろんなHACKが紹介されていて、誰でもいくつかは参考になる、役に立つネタがあるでしょう。Kindle版も出ている模様。整理するという意味では、紙版よりもこちらがいいかもね。

★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

整理HACKS!

整理HACKS!

  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2009/07/09
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?』 [本(その他)]


中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?

  • 作者: NHK_PR1号
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/10/26
  • メディア: 単行本


NHK広報局の公式アカウント、@NHK_PRの、その始まりと今までを、東日本大震災の前後を含めて、「中ノ人」が書いた(多分)ノンフィクション。
冒頭の、企業アカウントのセミナーの話とか、経緯を含めていろいろ面白おかしく書いているし、そういうところは楽しく読める。
一方で、企業広報のSNSアカウントのあるべき姿を考え続けていることや、最初から何もかも判ってやっているのではなく、試行錯誤しながら、それでもなるべくブレないように考えているところなど、真摯なところも伺える。
東日本大震災の時の悩みや対応の決断などは、涙を誘う面もある。

正確なところは覚えていないけれど、私も比較的早い時期から@NHK_PRはフォローしていて、この本を読みながら、折々のことを思い出したりしました。

このアカウントにいちゃもんをつける人もいるし、オープンな場なのだから批判されるのもやむを得ないけれど、私はこのアカウント、結構好きです。

★★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?

中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/10/26
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『風の万里 黎明の空 十二国記』 [本(その他)]


風の万里 黎明の空(上) 十二国記 (新潮文庫)

風の万里 黎明の空(上) 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/03/28
  • メディア: 文庫



風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (新潮文庫)

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/03/28
  • メディア: 文庫


十二国記はどの話も好きですが、この『風の万里 黎明の空』は特に好きだなぁ。
そんなわけで、何回目かの再読ですが、わくわくしながら読みました。

陽子もそうですが、みんな完璧な人間じゃない。弱いところ、駄目なところがあり、人に嫌われたり憎まれたりする。しかし、きっかけがあれば人は変われるし、変わるのに遅すぎるということはない。
そうして、彼女たちは助け合い、よい国を作るために、力を合わせる。
そうしてクライマックスのカタルシス。面白い。

7月1日にはオリジナル短編集『丕緒(ひしょ)の鳥』が出るそうで、楽しみです。

★★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『風の海 迷宮の岸 十二国記』 [本(その他)]


風の海 迷宮の岸  十二国記 (新潮文庫)

風の海 迷宮の岸 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: 文庫


新潮文庫版で再読。
戴国の麒麟、泰麒の国王選定の物語。
胎果の麒麟の物語は、序章の「魔性の子」から、この「風の海 迷宮の岸」で本編に姿を現します。
陽子や尚隆が表の物語なら、泰麒の物語は陰の物語という印象があります。
が、折伏のシーンなど、力強さをかんじるシーンもあり、だからこそ、波乱の物語を感じさせます。

それにしても新作が待ち遠しい。

★★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


魔性の子 十二国記 (新潮文庫)

魔性の子 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: 文庫



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『月の影 影の海 十二国記』 [本(その他)]


月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫)

月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: 文庫



月の影 影の海(下) 十二国記 (新潮文庫)

月の影 影の海(下) 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: 文庫


ホワイトハート版でも講談社文庫版でも読んでいるのだが、新潮文庫から再刊したため、再読。今後もシリーズすべてと、新作も出るらしいので期待。

「魔性の子」の時も書きましたが、今後の展開を知った上で読み進めるからでしょうか、最初に読んだときの、やりきれないほどの苦しさは、楽俊の登場への期待にすりかわり、そういう意味では抵抗感がなく読み進められました。でも、この、楽俊に出会うまでの苦しさがあっての後半なので、この前半の苦しさははずせません。

ところで、なんとなく楽俊に出会うまでがひたすら苦しく、その後は明るい展開と思っていましたが、再読すると、楽俊に出会ってもなかなか不信、猜疑心から抜け出せない陽子が描かれていて、この辺が十二国記のすごさのひとつなんだろうなあ、などと感心しつつ、読みました。

次の『風の海 迷宮の岸 十二国記』の発売も近いようで、楽しみ。

★★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1992/06/20
  • メディア: 文庫



月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1992/07/20
  • メディア: 文庫



月の影 影の海(上) (講談社文庫)

月の影 影の海(上) (講談社文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/01/14
  • メディア: 文庫



月の影 影の海(下) (講談社文庫)

月の影 影の海(下) (講談社文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/01/14
  • メディア: 文庫



魔性の子 十二国記 (新潮文庫)

魔性の子 十二国記 (新潮文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: 文庫



【関連記事】
『魔性の子 十二国記』
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ぶたぶたカフェ』 [本(その他)]


ぶたぶたカフェ (光文社文庫)

ぶたぶたカフェ (光文社文庫)

  • 作者: 矢崎 存美
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/07/12
  • メディア: 文庫


今度のぶたぶたは朝食だ!
というわけで、「ぶたぶたカフェ」、朝食とランチを出すカフェが今回のぶたぶたの舞台。昼はぶたぶたのお店、夜は別の人のバー、というお店。その夜の店で働き始めた主人公を軸に、物語が展開します。

しかし、最近のぶたぶたは、食べ物ネタが多い気がしますねー。おいしそうだからいいけど。

★★★★★

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

【関連記事】
ぶたぶたシリーズ~『ぶたぶた日記』他
『ぶたぶたのいる場所』
『夏の日のぶたぶた』
『クリスマスのぶたぶた』
『ぶたぶたと秘密のアップルパイ』
『訪問者ぶたぶた』
『再びのぶたぶた』
『キッチンぶたぶた』
『ぶたぶたさん』『ぶたぶたは見た』
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 本(その他) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。